私が保険の銀歯を口に入れない理由

私は自分自身、そして私の家族やスタッフの口の中に銀歯を入れません。

その理由をお話します。

虫歯の治療や歯の神経を取る治療をした後、詰め物や被せ物でフタをします。

その時に日本では保険適応になっている銀歯を入れることが一般的です。

歯の神経のお痛みなら香川県高松市の歯の神経治療専門歯科 吉本歯科医院

中には、「どんな被せ物をしますか?」と選択肢をたずねられることもなくお口の中に銀歯を入れられてしまうこともあります。

日本の保険制度で認められているいわゆる「保険が効く治療」は多くは金属性のものです。

口の中に銀歯を入れない理由|香川・高松の吉本歯科医院

そして保険で認められている金属はほぼ「金属パラジウム合金」と言われるものです。

通称、歯科業界では「金パラ」と言います。

口の中に銀歯を入れない理由|香川・高松の吉本歯科医院

ではこの「金パラ」、どんな金属なんでしょう?

実は、いろいろな種類の金属を混ぜて作った「合金」です。

名前だけ見たら「金」だし、錆びにくくて、輝くような、すばらしい金属のように一見思うかもしれません。

しかし、実際は、この合金のうち70%以上が「パラジウム」です。

このパラジウムは、腐蝕しやすく、また金属アレルギーを引き起こしやすい金属でもあります。

あとの30パーセントのうちのほとんどが腐蝕、酸化しやすい「銀」です。

「金」は実際にはほんのわずかしか含まれていません。

まとめるとこれらの混ぜものである「金パラ」は、腐食しやすく、金属アレルギーを引き起こす大変危険な金属ということになります。

歯の神経のお痛みなら香川県高松市の歯の神経治療専門歯科 吉本歯科医院

アルミホイル(銀紙)を噛むと嫌な感じした体験がありませんか?

口の中に銀歯を入れない理由|香川・高松の吉本歯科医院

なぜ人間は銀紙を噛むと嫌な感じがするのでしょうか?

銀紙というのは噛むと微量な電流が発生します。

金属を口に入れることによって微量な電流が発生する可能性が上がるのです。

でもふつうはその微量な電流が発生していることに気が付かないで暮らしています。

しかしこの微量な電流が発生し続けるのはお口の中に銀歯を入れている限り永遠に続くわけです。

ではなぜこんな銀歯を日本の保険制度では認めているのでしょうか?

それは、戦後のものが無い時代に、割と安価に作れた金属だったからで、物価も流通も全く代わったこの21世紀においても、その頃と保険制度がほとんど変わっていないため、日本では未だにこの金属しか保険では選択できないのです。

ちなみに欧米の歯科先進国ではこの金属は使われていません。

お口の中に当たり前のように「銀歯」を入れているのは先進国ではもはや日本だけです。

写真でご説明します。

口の中に銀歯を入れない理由|香川・高松の吉本歯科医院

作製時(Before)は出来たばかりの被せ物や歯の中に立てる芯棒です。

5年後(after)は、お口の中には入れず、5年ほど空気中で置いておいたものです。

その差が分かりますか?

出来たばかりは綺麗に輝いていますが、

5年後は黒ずみ、腐食してしまっています。

お口の中に入れなくてもこうなってしまうのです。

お口の中の環境というのは、普段はアルカリ性ですが、食べ物を食べた後は酸性になります。

そうでなくても酢の物を食べたり炭酸飲料なども飲まれますよね?

実際に、銀歯はお口の中に入れるとわずか数時間でとけはじめ腐蝕が始まります。

金属パラジウム合金のさまざまな金属がお口の中で溶け始めて体内に流れ込みはじめます。

またもう一つのお写真もご覧下さい。

口の中に銀歯を入れない理由|香川・高松の吉本歯科医院

これは両方とも5年程度空気中で経過したものです。

違いは、一方は当医院で自由診療で使用している金属です。

もう一方は先ほどと同じ保険が効く被せ物の銀歯(金パラ製)です。

自費で使用している金属は全く腐食していません。

保険では使いたくても選択できないけれど、こういった金属も存在はしているのです。

最近では、日本でもようやく、なるべくメタルフリー、つまり金属以外のなるべく害の少ない材質をつかって歯を修復しようという流れにはなってきています。

しかし、保険制度はその源泉のお金が常時不足しているため、なかなかそれに追いついてはくれていないのが現状です。

一度体に吸収されてしまった金属はなかなか対外に排泄はされません

また、一度被せ物や詰め物をしてしまうと、改めて作り直すときにはまた歯を削らなくてはなりません。

一度体内に取り込まれた金属は取り出すことが難しいのです。

このような理由から私の医院では「歯科治療で銀歯を当たり前に使う」ということは

開業以来いたしておりません。